メガネの時の眉メイク意識してますか?

最近はスマートフォンやパソコンの使用時間が増え、視力が悪くなったという人やブルーライトをカットする目的などでメガネを使用する人が増えています。またメガネはその人の印象をパッと変えてしまうほど、印象を変えることができるアイテムの一つなのでオシャレ目的でかける人も。そのメガネと同様に、顔の印象を決めるポイントとなるのが眉メイクです。

実はこの眉メイクとメガネフレームのバランスが顔の印象を大きく左右するのです。メガネフレームの主張が強いか、控えめの印象のフレームかによって、眉の描き方を変えないと顔の印象がぼんやりしてしまったり、逆に主張が強すぎてきつい印象になってしまいます。また、同じメガネでも、生活で使用するシーンによって眉メイクを変化させるのもおすすめです。アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを上手に使ってメガネフレームと眉のバランスがとれた魅力的な印象になるメイクを心掛けましょう!

フレーム別の眉メイクのコツとは

メガネのフレームとバランスの取れた眉メイクをするコツは、「フレームの主張が強いメガネ」と「控えめフレームのメガネ」により異なります。まず、「フレームの主張が強いメガネ」は、メガネフレームそのものが、顔全体に強い印象をもたらすので、眉は薄めに仕上げるのがポイントです。フレームと同様に眉を濃くはっきり描いてしまうと、フレームと眉がぶつかり、ケンカしてしまいます。薄いブラウンのアイブロウパウダーを使用し、ふんわりと仕上げるとフレームとマッチして目元がグッと引き立つでしょう!

一方、「控えめフレームのメガネ」の場合は、眉は比較的濃く、はっきりと描いたほうが目元が引き締まります。眉山に角度はつけず、アーチ型や平行に眉を描くとよいでしょう。自分の眉を生かし、太目に描くのがポイントです。また、眉の形をメガネフレームの形に合わせると、とてもこなれ感がでて、より魅力的な印象になります。