顔の形に合わせたフレーム選びが重要

顔周りを飾るメガネを選ぶ際に重要になるのが、顔の形とメガネのフレームとの組み合わせです。たとえば、顔つきや目つきがキツいと悩んでいるのであれば、フレームが細かったり、角張っていたりするメガネは適しません。丸型やオーバル型のフレームで、雰囲気を柔らかく表現する方がキツさを緩和できるでしょう。また、丸顔で悩んでいる場合は、スクウェア型やティアドロップ型のフレームが顔の丸みを中和してくれます。このように、コンプレックスを解消し、顔周りを華やかにするアクセサリーにもなるのがメガネです。 コンタクトレンズを付けていても、伊達メガネとしてファッションに取り入れている人も多くなりました。コーディネートの幅を広げるためにも、顔の形に合ったメガネを探してみてはいかがでしょうか。

フレームと眉毛が重なるのはNG

フレームの形は顔の形や求める雰囲気によってさまざまですが、共通するのはフレームと眉毛が重なってはいけない点です。なぜなら、フレームに重なり眉毛が隠れると、表情が分かりにくくなるからです。外出時にはマスクを付けるケースが多く、口元が見えないため表情が分かりにくくなっています。その上眉毛まで隠れると、顔周りを飾るどころか、雰囲気が怪しくなってしまうのです。欧米人ほどではないにしろ、眉毛の形や動きには気持ちが表れます。

大きめのメガネを選ぶのであれば、フレームは眉毛の上に位置するように。小さめのメガネを選ぶのであればフレームが眉毛の下に位置するか、フレーム自体が細く眉毛が隠れないデザインのものを選ぶようにしましょう。