気分に合わせて洋服を選ぶようにメガネフレームも気にしてみる

休日のお出かけは、その日の気分で着ていく洋服を選ぶように、メガネフレームもファッションの系統にあわせて選ぶのも楽しいものです。例えば、コンビネーションフレームはキレイ系、セルフレームはカジュアル系、淡い色の細身フレームはフェミニン系といったように、上手に選ぶことで、メガネがファッションアイテムとしての役割を果たします。

ところで、メガネフレームの形による種類をご存じでしょうか?代表的なものとして、逆台形のレンズシェイプのウェリントン、逆三角形の丸みを帯びたボストン、引き締まった印象のスクエア、丸いシェイプのラウンド、楕円形のシェイプのオーバル、下にリムがなく上だけにリムがあるフレームのハーフリムとなります。

メガネ選びの基本となる、顔の形と肌の色合いにあわせて選ぶ

メガネフレームを選ぶ際の基本の一つに、顔の形があります。これはフェースラインとは真逆のフレームの形状を選ぶと、間違いないと言われています。例えば、丸顔であればスクエアやハーフリム、三角顔であればオーバルやハーフリム、四角顔であればオーバル、ボストンやラウンドが合うと言われています。また、肌の色合いでフレームカラーを選ぶ場合は、ブルーベースの場合には青系統や赤系統のフレーム、イエローベースの場合には黄色などの暖色系統のフレームが考えられます。

このように、メガネを買おうと思った際に、自分があわせたいなと思っているファッションの系統、自分の顔の形や肌の色合いにといったポイントを考えて、おしゃれを楽しむための相棒となるメガネフレームに出会いましょう。